核データ研究グループ
FAQ トップページ

核データに関する質問・要望


Q.  核分裂収率で『Independent』及び『Cumulative』の定義は?

JENDL-4.0 Fission Yield Sublibrary 及び JENDL FP Fission Yields Data File (JENDL/FPY-2011) の核分裂収率データは、『Independent』と『Cumulative』の 2 種類の収率が含まれています。
Independentは、核分裂が発生した瞬間の核種ごとの生成数の期待値で、 2 体核分裂のみの場合は総計が 2.0 になります。(実際の核分裂収率データは 3 体核分裂で生成する軽核が含まれるため 2.0 より若干大きくなります。)
一方、Cumulativeは、核分裂後の(主に β )崩壊による核種の生成量が収率に加算されており、収率の総計は 2.0 より大きくなります 。例えば、 2 体核分裂の場合、 JENDL-4.0 Fission Yield SublibraryU-235 の熱中性子入射では、 Independent の収率の総計が 2.0 であるのに対し、 Cumulative では総計は 8.4 となります。
2012712 日  更新)

Copyright © 1995-2016  日本原子力研究開発機構 核データ研究グループ  〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方 2番地4
お問い合わせ