Nuclear Data Center
powered by
gnuplot-4.6
Graph of Fission Product Yields
使用方法

STEP 0   初期設定のグラフが表示される。
STEP 1   主要な設定の変更
  1. ライブラリ名の選択 (複数選択可) [初期値: FPY-2011]
  2. 核種名の選択 [初期値: U-235 (Neutron-induced)]
  3. グラフの種類の選択 [初期値: 質量数 vs 収率 (2D Plot)]
  4. 収率の種類 (Yield Type) の選択 [初期値: 独立収率 (Independent)]
  5. 収率の目盛り (Yield Scale) の選択 [初期値: 対数 (Log)]
  6. 入射エネルギー (Incident Energy) の選択 [初期値: 0.0253(eV)]
  7. プロット下限値 (Lower Boundary) の設定 [初期値: 1.0E-12, Auto なし]
    2D プロット時:グラフの Y 軸の下限
    3D または Map プロット時:カラーバーの下限
    [Auto] チェック時:最小の収率がグラフに含まれるように下限を自動設定
    (注)テキストボックスの入力値は [Apply] ボタンのクリックで反映される。
STEP 2   オプション設定
  1. X 軸に指定する量 (X-Axis Type) の選択 [初期値: 質量数 (Mass #)]
    (2D のみ有効)
  2. Y 軸に指定する量 (Y-Axis Type) の選択 [初期値: 中性子数 (Neutron #)]
    (3D または Map のみ有効)
  3. グラフの回転角度 (Rotation) の設定 [初期値: X軸=40(deg.),Z軸=30(deg.)]
    (3D または Map のみ有効)
    • [Apply] ボタンのクリックで反映される。
    • 初期値以外が入力された場合、各軸のラベルは表示されない。
      (ラベルの位置が適切な位置でなくなるため)
STEP 3   [Draw]ボタン(JavaScript 非対応ブラウザ用)
JavaScript 非対応ブラウザを使用の場合、[Draw] ボタンをクリックして選択項目を反映させる。 (JavaScript 対応ブラウザでは項目選択時に反映される。)

核種選択モード の切り替えについて:
  • 核種選択モードは、「Single Nuclide」モードと「Multi-Nuclide」モードの2種類があり、
    画面の左上にあるラジオボタンで切り替える。[初期値: Single Nuclide モード]
  • 「Multi-Nuclide」モードでは複数の核種を選択することが可能になる。
    (Neutron-induced と Spontaneous の混在も可)
  • 「Multi-Nuclide」モードは、2D Plot のみ可である。
  • 「Multi-Nuclide」モードから「Single Nuclide」に切り替えたとき、選択している
    入射エネルギーは初期化され、1 番目のデータのみがプロットされる。このため、
    複数の入射エネルギーを選択していた場合は再度選択する必要がある。

その他の機能:
  • 指定した核種の生成収率の表示
    『Production yield of FP』欄に核種名または原子番号(Z)と質量数(A)の組を入力し
    [Show Yield] ボタンをクリックすると、対応する核種の収率と不確かさが表示される。
    ただし、「Single Nuclide」モードでのみ使用可能である。
    なお、原子番号(Z)と質量数(A)で入力する場合、Z と A の間は空白を含む数字以外
    の文字で区切る必要がある。
    (注)複数のデータが選択されている場合、そのうちの 1 つに対する生成収率が表示
          される。そのため、1 つのデータが選択された状態で表示させることが望ましい。
    (注)生成収率の合計は独立収率の場合のみ表示される。
  • グラフ画像の解像度
    画面に表示されるグラフは 640×480 で作成したPNGファイルを 480×360 で表示して
    いるため、モニタ環境により大きく不鮮明になる場合がある。画面のグラフ部分を
    クリックすると 640×480 サイズのグラフが別ウィンドウ(タブ)に表示される。
  • ファイルのダウンロード
    グラフのPNGファイル、グラフの作成で使用した GNUPLOT の入力データおよび
    プロットデータ(テーブルデータ)へのリンクがグラフの下に表示される。

更新履歴:
2011/12/07 ホームページで公開
2012/07/24 JENDL/FPY-2011 を追加し、レイアウトを大幅に変更 (version 2)
2012/12/04 FP の核種名または Z/A 番号に対応する収率の表示機能を追加 (version 3)
2013/08/13 レイアウトの一部変更および以下の機能の追加 (version 4)
 
  • FP に対応する収率の表示における励起レベルごとの表示
  • 2D プロットの X 軸として 原子番号の選択
  • 2D プロットの Y 軸の下限設定機能
  • JavaScript により項目選択時にグラフに即時反映

This system was modified at 2013/12/02 13:15 [JST]

Copyright © 1995-2017, Japan Atomic Energy Agency, Nuclear Data Center, Tokai-mura, Naka-gun, Ibaraki-ken, 319-1195, Japan
Inquire