Return to Top Page

※ JENDL-3.2 を利用するときは、下記の関連文献の1.を引用文献として記載してください。

 
JENDL-3.2の概要
特 徴
高速炉、熱中性子炉の設計・解析、核融合炉中性子工学、中性子遮蔽計算などに使える日本の標準核データライブラリー。
収録核種数
340 核種の中性子入射反応データを収録。
入射中性子エネルギー範囲
10-5 eV ~ 20 MeV
フォーマット
ENDF-6 フォーマットを採用。ENDF/B-V フォーマットのデータも用意してあります。
Pointwise Files
JENDL-3.2 では、低エネルギー領域の断面積を共鳴パラメータで表現しています。共鳴パラメータを処理して断面積の形式にしたファイル(pointwise file)も温度 0 K と 300 K で用意してあります。
データの詳細
JENDL-3.2 にデータを収録した核種名、MAT番号、レコード数、データ評価の説明(コメントデータ)を以下に示します。
数値データのダウンロード
全核種のコメントをまとめた PDF File (3.4 Mbytes) があります。 これを読むには、"AcrobatR Reader" が必要です。 JENDL-3.2 の全データと断面積のグラフを収録した CD-ROM を、配布しています。
JENDL-3.2 から作成したグラフ、表、データファイル
JENDL-3.2の積分テスト概要
JENDL-3.2 の問題点
JENDL-3.2 の問題点を次のファイルにまとめてあります。データの利用に当たって、注意してください。
JENDL-3.2 更新データ
  • JENDL-3.2 は 1994年の時点のデータで固定し、修正を行わない。
  • JENDL-3.2の問題点を改善したデータは、JENDL-3.2 とは別のファイル(JENDL-3.2 Update File)としてまとめる。利用に当たっては、改訂の日付に注意する必要がある。
JENDL-3.2 Update File のデータを利用した場合は、
[例] U-235 data (revised on 26 Oct. 1998) taken from JENDL-3.2 update file.
の様に、更新日を明確に示してください。
主なJENDL-3.2関連文献
  1. Tsuneo NAKAGAWA, Keiichi SHIBATA, Satoshi CHIBA, Tokio FUKAHORI, Yutaka NAKAJIMA, Yasuyuki KIKUCHI, Toshihiko KAWANO, Yukinori KANDA, Takaaki OHSAWA, Hiroyuki MATSUNOBU, Masayoshi KAWAI, Atsushi ZUKERAN, Takashi WATANABE, Sin-iti IGARASI, Kazuaki KOSAKO and Tetsuo ASAMI: "Japanese evaluated nuclear data library, version 3 revision-2; JENDL-3.2," J. Nucl. Sci. Technol. 32, 1259 (1995).
  2. (Eds.) Keiichi SHIBATA, Tsuneo NAKAGAWA, Hidemitsu SUGANO and Hiromitsu Kawasaki: "Curves and tables of neutron cross sections in JENDL-3.2," JAERI-Data/Code 97-003 (1997).
  3. (Eds.) K. Shibata and Tsutomu NARITA: "Descriptive data of JENDL-3.2 (Part I and II), " JAERI-Data/Code 98-006, Part I, Part II (1998).

Return to Top Page

国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構
原子力基礎工学研究センター 核データ研究グループ

Modified at 2014/08/25 15:15JST

 jendl@jaea.go.jp