Return to Top Page

核データの表

下の表の元素名をクリックすると、以下のデータが表示されます。
  • 天然元素の質量 (M.E.Wieser and M.Berglund, Pure Appl. Chem., 81(11), pp.2131-2156 (2009))
  • 核種の Spin と Parity (WWW Chart of the Nuclide 2010)
  • 核種の質量 (Audi et al., Private Communication (April 2011))
  • 核種の半減期 (WWW Chart of the Nuclide 2010)
  • 核種の存在比 (M.Berglund and M.E.Wieser, Pure Appl. Chem., 83(2), pp.397-410 (2011))
  • 断面積は、JENDL-3.2JENDL-3.3 および JENDL-4.0 から求めた熱中性子断面積、共鳴積分値、
    マックスウェル平均値、核分裂スペクトル平均値、14 MeV 断面積。 温度は 300K である。
  • 強いガンマ線と崩壊データ[同位体の詳細ページ](ENSDF as of March 2011)
    → エネルギー範囲による ガンマ線の検索 エネルギー範囲を入力すると、対応するガンマ線が表示される。
元素表

1.
H
2.
He
3.
Li
4.
Be
5.
B
6.
C
7.
N
8.
O
9.
F
10.
Ne
11.
Na
12.
Mg
13.
Al
14.
Si
15.
P
16.
S
17.
Cl
18.
Ar
19.
K
20.
Ca
21.
Sc
22.
Ti
23.
V
24.
Cr
25.
Mn
26.
Fe
27.
Co
28.
Ni
29.
Cu
30.
Zn
31.
Ga
32.
Ge
33.
As
34.
Se
35.
Br
36.
Kr
37.
Rb
38.
Sr
39.
Y
40.
Zr
41.
Nb
42.
Mo
43.
Tc
44.
Ru
45.
Rh
46.
Pd
47.
Ag
48.
Cd
49.
In
50.
Sn
51.
Sb
52.
Te
53.
I
54.
Xe
55.
Cs
56.
Ba
57.
La
58.
Ce
59.
Pr
60.
Nd
61.
Pm
62.
Sm
63.
Eu
64.
Gd
65.
Tb
66.
Dy
67.
Ho
68.
Er
69.
Tm
70.
Yb
71.
Lu
72.
Hf
73.
Ta
74.
W
75.
Re
76.
Os
77.
Ir
78.
Pt
79.
Au
80.
Hg
81.
Tl
82.
Pb
83.
Bi
84.
Po
85.
At
86.
Rn
87.
Fr
88.
Ra
89.
Ac
90.
Th
91.
Pa
92.
U
93.
Np
94.
Pu
95.
Am
96.
Cm
97.
Bk
98.
Cf
99.
Es
100.
Fm
101.
Md
102.
No
103.
Lr
104.
Rf
105.
Db
106.
Sg
107.
Bh
108.
Hs
109.
Mt
110.
Ds
111.
Rg
112.
Cn
113.
Uut
114.
Fl
115.
Uup
116.
Lv
117.
Uus
118.
Uuo

経 緯
2011/12/13
エネルギー範囲による ガンマ線の検索 ページを追加した。
2011/12/12
核種の存在比を IUPAC の推奨値 (M.Berglund and M.E.Wieser, Pure Appl. Chem., 83(2), pp.397-410 (2011)) に置き換えた。 また、崩壊による強いガンマ線を 2011 年 3 月の ENSDF から編集したデータに置き換えた。
2011/05/09
核種の質量を Audi et al., Private Communication (April 2011) に置き換えた。
2011/04/26
JENDL-4.0 の断面積データに JENDL-4.0 から計算した天然元素の断面積を追加。
2011/02/08
核分裂生成物について、JENDL-4.0 Fission Yield Data の核分裂収率が表示されるように修正。
2010/12/07
核種の質量を Audi et al., Private Communication (2009) に置き換えた。
天然元素の質量を M.E.Wieser and M.Berglund, Pure Appl. Chem., 81(11), pp.2131-2156 (2009) に置き換えた。
スピンや半減期の情報を「WWW核図表2010」と同じにした。
2010/05/31
JENDL-3.2、JENDL-3.3 および JENDL-4.0 の断面積データを表示するように修正。
2006/02/21
核種毎の情報の中に、評価済データライブラリーへのリンクを追加。
2005/10/20
スピンと半減期の情報を修正。
2005/02/14
核種毎の情報の中に、崩壊エネルギーの情報を追加。
2004/08/19
JENDL-3.3 については、g-factor も表示するように修正。
2004/02/06
核種の質量を Audi et al. [The Ame2003 atomic mass evaluation (II) by G.Audi, A.H.Wapstra and C.Thibault, Nuclear Physics A729 p.337-676 (2003)] の推奨値で置き換えた。
スピンや半減期の情報を「WWW核図表2003」と同じにした。
2004/02/05
核種の存在比を IUPAC の推奨値 (Rosman and Taylor: Pure Appl. Chem. 70(1), pp.217-235, (1998)) で置き換え。
2002/05/21
JENDL-3.2 と JENDL-3.3 の断面積データを表示するように修正。
2002/05/13
JENDL-3.3 の断面積データを表示するように修正。

Copyright © 1995-2016  日本原子力研究開発機構 核データ研究グループ  〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方 2番地4
お問い合わせ

Return to Top Page